重要なお知らせ

トピックス情報

コロナウイルスの感染防止に係る公演・教室の開催中止につきまして

今週末に開催を予定しておりました以下の教室につきまして、 新型コロナウイルス感染症拡大防止と、ご参加の皆様の 健康面や安全面などを考慮した結果、開催を中止することとなりました。楽しみにされていた皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解くださいますよう お願い申し上げます。 【対象となる公演(2020.3.27現在)】 ・3/14(土) 出雲神楽の夕べ ・3/15(日) 湯泉の里… [more]

コロナウイルスの感染防止に係る公演・教室の開催中止につきまして コロナウイルスの感染防止に係る公演・教室の開催中止につきまして

出雲神楽の夕べ 2月8日公演「国譲り」「簸の川大蛇退治」

出雲神楽の夕べ 2月公演 2月8日(土)19:00開演 出演:西日登神楽社中(木次町西日登) 演目:「国譲くにゆずり」「簸ひの川かわ大蛇退治おろちたいじ」   「国譲くにゆずり」について 天てんの使つかい武御雷神たけみかづちのかみは大国主命おおくにぬしのみことに国くにを天神あまてらすにさしあげるよう迫せまる。大国主命おおくにぬしのみことは子この事代主命ことしろぬしのみことと相談そうだんし国くにを奉献ほうけんすると決きめるが、いま一子いっしの健御方神たけみなかたのかみは従したがわず、武御雷神たけみかづちのかみと戦たたかいとなるも力及ちからおよばず、出雲いずもの国くにを天神あまてらすへ奉献ほうけんすることに同意どういする。   「簸ひの川かわ大蛇退治おろちたいじ」について 高天原たかあまはらを追放ついほうされた須佐之男命すさのおのみことが天下あまくだりの地ち、出雲いずもの国くに肥ひの川上かわかみで出会であった稲田姫いなたひめを八岐大蛇やまたのおろちと格闘かくとうの末すえに助たすけて娶めとり、「八雲立やくもたつ 出雲八重垣いずもやえがき 妻籠つまごみに 八重垣やえがきつくる その八重垣やえがきを」と神話しんわの中なかでも特とくに有名ゆうめいな物語ものがたりである。     ☆雲南出雲神楽の夕べオリジナルスタンプカードを進呈しています。… [more]

出雲神楽の夕べ 2月8日公演「国譲り」「簸の川大蛇退治」 出雲神楽の夕べ 2月8日公演「国譲り」「簸の川大蛇退治」

出雲神楽の夕べ 1月11日公演「剣舞」「八乙女」「八戸」

出雲神楽の夕べ 1月公演 1月11日(土)19:00開演 出演:上多根神楽保存会(掛合町多根) 演目:「剣舞けんまい」「八乙女やおとめ」「八戸やと」   「剣舞けんまい」について 剣つるぎを持もって舞所まいどの邪気じゃきを払はらう勇壮ゆうそうな舞まい。七座神事しちざじんじの中なかの神事舞じんじまい。   「八乙女やおとめ」について 七座しちざの中なかの巫女舞みこまい。晴着はれぎの上うえに千草ちぐさを着き、天冠てんかんをかむり右手みぎてに鈴すず、左手ひだりてに榊さかきを執とって舞まう祈いのりの神事舞じんじまい。   「八戸やと」について 高天原たかあまはらを追放ついほうされた須佐之男命すさのおのみことが天下あまくだりの地ち、出雲いずもの国くに肥ひの川上かわかみで出会であった稲田姫いなたひめを八岐大蛇やまたのおろちと格闘かくとうの末すえに助たすけて娶めとり、「八雲立やくもたつ 出雲八重垣いずもやえがき 妻籠つまごみに 八重垣やえがきつくる その八重垣やえがきを」と神話しんわの中なかでも特とくに有名ゆうめいな物語ものがたりである。     ☆雲南出雲神楽の夕べオリジナルスタンプカードを進呈しています。… [more]

出雲神楽の夕べ 1月11日公演「剣舞」「八乙女」「八戸」 出雲神楽の夕べ 1月11日公演「剣舞」「八乙女」「八戸」

出雲神楽の夕べ 12月14日公演「神功皇后」「簸の川大蛇退治」

出雲神楽の夕べ 12月公演 12月14日(土)19:00開演 出演:薦沢神楽社中(大東町薦沢) 演目:「神功皇后じんぐうこうごう」「簸ひの川かわ大蛇退治おろちたいじ」   「神功皇后じんぐうこうごう」について 仲哀天皇ちゅうあいてんのうの大后おきさき、神功皇后じんぐうこうごうは神懸かみがかりで西方せいほうに金銀財宝きんぎんざいほうがたくさんある国くにを知しられ、多おおくの神々かみがみをひきいて新羅しらぎの国くにを攻せめようとされた軍船ぐんせんの勢いきおいで海水かいすいが新羅しらぎの国半くになかばまで押おし上あがったので新羅王しらぎおうも驚おどろき、以来いらい朝廷ちょうていに貢物みつぎものを続つづけるという神楽かぐら。   「簸ひの川かわ大蛇退治おろちたいじ」について 高天原たかあまはらを追放ついほうされた須佐之男命すさのおのみことが天下あまくだりの地ち、出雲いずもの国くに肥ひの川上かわかみで出会であった稲田姫いなたひめを八岐大蛇やまたのおろちと格闘かくとうの末すえに助たすけて娶めとり、「八雲立やくもたつ 出雲八重垣いずもやえがき 妻籠つまごみに 八重垣やえがきつくる その八重垣やえがきを」と神話しんわの中なかでも特とくに有名ゆうめいな物語ものがたりである。     ☆雲南出雲神楽の夕べオリジナルスタンプカードを進呈しています。… [more]

出雲神楽の夕べ 12月14日公演「神功皇后」「簸の川大蛇退治」 出雲神楽の夕べ 12月14日公演「神功皇后」「簸の川大蛇退治」

出雲神楽の夕べ 11月公演「清目」「柴左」

11月9日(土)20:00開演 出演:民谷神楽団(吉田町民谷) 演目:「清目きよめ」「柴左しばさ」   「清目きよめ」について 素面すめんで採物とりものによって舞台ぶたいを清きよめ、四方しほうの邪悪じゃあくを払はらい除のけ、そして神々かみがみをお迎むかえする神事舞しんじまい。   「山やまの神かみ」について  天照大神あまてらすおおかみが岩戸いわとに隠かくれ、世よの中なかが暗闇くらやみになる。困こまった神々かみがみは岩戸いわとの前まえで神楽かぐらを演えんずることにする。天児屋根命あめのこやねのみことは、それに必要ひつような真榊まさかきを求もとめて天あめの香具山かぐやまに来くる。榊さかきを持もって帰かえろうとすると、山やまの神かみの大山祇命おおやまつみのみことがそれを奪うばいかえす。しかし、岩戸いわとを開ひらくのに必要ひつような真榊まさかきとわかり快こころよく献上けんじょうするという神楽かぐらです。   ☆雲南出雲神楽の夕べオリジナルスタンプカードを進呈しています。… [more]

出雲神楽の夕べ 11月公演「清目」「柴左」 出雲神楽の夕べ 11月公演「清目」「柴左」
  • メール会員募集